ついに、Youtubeデビューしました! 

「いま、やるべきなのか?」

このGW期間中、

Youtubeデビューしました。

チャンネル名は、五十嵐康雄チャンネル。
サブタイトルは、講師デビューを応援する。

忙しい人にも見ていただけるよう、
1話、5~6分程度の長さに編集しています。

良かったら、ぜひチャンネル登録を!

さて、

このYoutubeチャンネル、
実は、始める前に迷ったんです。

「いま、やるべきなのか?」

撮影したのは、新型コロナの影響が出始めた3月。

当初は、いまより早く収束するのでは?
と淡い期待をいただいていましたが、

状況が刻一刻と変わっていくのを感じて、
これは、長引く可能性が高いかも知れないな…

と強く感じ始めていたからです。

でも…、

「そんないまだからこそ、やっちゃおう~!」

ということで現在に至ります。(笑)

どうせやるなら、変なものはお見せできない。

視聴者の方から、“内容が無いよう”
※ダジャレのつもりです(笑)

って思われないようにしたい。

だったら、

著書の内容を取り入れたものにしたら、
読者の皆さんの学びを深めることにも
繋がっていいかも。

そう思って、
ゲストとの対談形式でスタートしました。

そんなぼくのYoutubeチャンネルの、

栄えある?第1弾のゲストは、
ぼくの学び仲間に出演してもらいました。

はいっ!

それでは、 今日の学びに入ります。

今日の学びのポイントは…、

ぼくの本の P160の項目でも
お伝えしていますが、

稼げる講師は、

受講者と対話する!

ってことです。

研修、セミナーで講師が一方的に話す。

内容によっては、
そういったことが必要なこともあるでしょう。

でも、これだけは押さえて欲しいんですが、

人が他人の話を集中して聞いていられるにも
限界がある。
そして、その時間は、ほんの数分。

オンラインなら、リアルより早く、
人の集中力は切れてしまいます。

講師の中には、

自分が話していることに酔ってしまって、
延々と講義を続けている人を見かけます。

たとえ、それがいい内容だったとしても、
聞かれていないなら、
話していないも同然ですよね。

ぼくたち講師の話は、聞かれてナンボ!

それを忘れてはなりません。

という訳で、

ぼくのYoutubeチャンネルも
対談形式でスタートしました。

素敵なゲストも出ていますから、
ぜひ見てみて下さいね!(笑)

では。。。

追伸、
新型コロナウイルスで、
多くの方々が犠牲になられています…。

感染のためにお亡くなりになられた方々に
哀悼の意を表するとともに、
ご遺族の方々には心よりお悔やみ申し上げます。

そして、

医療の最前線で従事している方々に、
心より感謝と敬意を表します。

こんな不安な時は、

これまで以上にお互いを大切にし、
いたわりや励ましの言葉をかけ合い、

前向き思考でこの未曾有の危機を
一緒に乗り越えていきましょう!

関連記事

  1. 提供する価値は同じでも●●は同じでない

  2. この出来事が意図するところは… 

  3. アイスブレイクだけじゃ薄っぺらい! 

  4. 伝説、超一流の思考とは! 

  5. 始まりは、いつもこれから… 

  6. あなたが望むステージに必要なことは?

  7. 半沢直樹の話し方 

  8. オンラインで●●研修

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。