母さん、元気でいてくれてありがとう!! 

「う~ん、レス無いねこの人?」

こんばんは。

『稼げる講師、稼げない講師どこが違うか』

著者の五十嵐康雄です。

このGW期間中、

「ビジョナリー講師養成講座」

第1期の募集受付をスタートしました!

告知から数時間で、
個別説明会に申し込みが入ったこともあって、

この週末もよく仕事をしました。(笑)

あっ、

でも、ちゃんと母の日のプレゼントも
玄関先で手渡したり、
毎月、訪れている父のお墓参りにも
行ってきました。

「なんだ五十嵐さん、
 外出しちゃダメじゃないですか!」

なんて言われそうですが、

80歳、近所で一人暮らしをしている母に、
数か月ぶりにリアルで会って、
玄関先で3分間、感謝の気持ちを伝えること。

ぼくが一番尊敬している父の墓前を清掃し、
花を入れ替え、月次の報告をすること。

これらのことは、
ぼくにとって不要不急なことではないのです。

それ以外は、
日常の買い物と運動以外、出掛けていませんし。

さて、話を戻します。

今日、あなたにお伝えしたいことは、

個別説明会での残念な出来事。
そして、そこから学んだことなんです。

よくある話なので、詳細は、省きますが、
簡単に言えば、予約していた個別説明会を
無連絡でキャンセルする

っていうやつです。

まあ、色々と事情はあるんでしょうが…、

連絡さえしてもらえれば、
他に希望していた人との時間や
他の仕事にも使えたので…。

もちろん、大切な家族との時間にも使えた訳です。

ちなみに、

その人がどこで何をやっている人なのか、
ちゃんと分かっているんですけどね…(笑)

はいっ!

それでは、 今日の学びに入ります。

今日の学びのポイントは…、

ぼくの本の P166の項目でも
お伝えしていますが、

稼げる講師は、

「やってはいけないことを伝える!」

ってことです。

ドタキャンする人なんて、
いちいち相手にしていたら
時間がいくらあっても足らないよ。

ぼくも、そう考えることはあります。

でも、

いまのようなご時世には…。

なので、ご本人にお伝えしました。

ぼくたちプロの講師は、

研修、セミナーにおいて、
受講者に学びや価値を
しっかり提供する必要があります。

そのためには、

やった方がいいことを伝えるだけじゃなく、
やってはいけないことを伝えることが重要です。

それが、オンライン研修やセミナーなら
尚更のこと。

今回の件であれば、
足の引っ張り合いをしても、
誰も幸せになりません。

可能な限り、応援し合って、励まし合って、
この難局をみんなで乗り越えていきたいものです!

そう思いませんか?

では。。。

関連記事

  1. コストから価値に代わる… 

  2. クラブハウス試しましたか?

  3. アーティストをプロデュースするように、●●する 

  4. 半沢直樹の話し方 

  5. 提供する価値は同じでも●●は同じでない

  6. 感染者数は、ゼロです… 

  7. ワーケーションの場所は? 

  8. 虫眼鏡理論で史上初!?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。