アイスブレイクだけじゃ薄っぺらい! 

「何も、そこまで伝えなくても?」

前回、このメルマガでもお伝えした通り、

先週の金曜日は、

「ビジョナリー講師養成講座」の初日でした。

事前課題はそれなりのボリューム。

そして、
深く考えながらまとめていただく内容だったので、
受講者の皆さんは大変だったと思います。

でも、皆さん、ちゃんとやってきました!(笑)

実は、この講座のプログラム、

コロナの影響でリアルセミナーから、
急遽、オンラインに切り替えたんです。

正直、大変でしたが、

そのせいか、内容もブラッシュアップ出来て、
結果オーライって感じになりました!(笑)

そんなぼくが、研修、セミナーで登壇する時、
大切にしていることがいくつかあります

その1つとして、

講師は、単なる理論家や
自分の成功体験を語るだけの先生じゃなく、

あくまでも、実践者である!

っていうのがあります。

実践者だからこそ、
うまくいかないこと、
歯がゆい思いを経験出来る訳で、

それらが受講者へのギフトになるんです。

そのギフトを、一人ひとりにキャッチしてもらえるよう、
伝え方やタイミングも変えて。。。

なので、

ぼくの講座は、少人数限定なんです。

受講者同士もお互いの人となりが理解し合える。
ぼくと受講者との関係も
大人数に比べれば、深くなる。

それが大きな安心感に繋がる。

そのことによって得られるもの、
生み出される価値というのは、
とても大きなリソースになるはずです。

ビジネスの採算ベースでいえば、
大人数集客をすれば、儲かるし、稼げる。

でも、ぼくは単に自分が稼ぎたいために、
この講座をやっている訳じゃない。

人数が多くなればなるほど、
目が行き届かなくなるのは、
研修でもセミナーでも同じですよね。

はいっ!

それでは、 今日の学びに入ります。

今日の学びのポイントは…、

ぼくの本の P155の項目でも
お伝えしていますが、

稼げる講師は、

研修、セミナーの最初に細かい決めごとを伝える

ってことです。

今回は、特に講座の初日だったので、

ルールなど、これから守っていって欲しいことを、
丁寧に、丁寧に、丁寧に伝えたつもりです。

何もそこまで伝えなくても?

と思う方もいるかも知れませんが、

ぼくは、ぜ~んぜんそうは思いません!

なぜなら、

人は、誰しも他人の話を
完璧に聞いている訳じゃない。

むしろ、自分にとって都合の良いところだけを
都合の良いように聞いている傾向がある。

そう思っているからです。

ぼくから言わせれば、

研修、セミナー効果を本気で高めようと思ったら、
スタート時こそ、決めごとを
丁寧に、丁寧に、丁寧に伝えるのが、

プロとして当然なんです。

ぼくの本の読者、
そして、このメルマガの読者には、
しっかり、実践して欲しいなと思っています!

リアルだろうがオンラインだろうが、
最高の価値を提供していきましょう!

では。。。

関連記事

  1. 与える人、奪う人

  2. 明日、ラジオ出演します 

  3. 集合研修ならではのこと?

  4. 講師にビジョンは必要か?

  5. 手書き1枚のハガキ 

  6. 努力は、何のためにするのか?

  7. 失敗はない、あるのは●●だけである… 

  8. 「Swift」 に心掴まれました… 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。