最年長ゴールが早く見たい… 

こんにちは。
五十嵐です。

東京の感染者が増えていますね…。

思わず、第2波を心配してしまいますが、
いま、ぼくたちが出来ることは、
感染予防を徹底すること。

それだけなのかも知れません。

この週末も3密を避け、
夜の繁華街への外出は、
極力、控えていきましょう!

では、本題に入ります。

「いつも必ず自分に勝てる人間なんて、
 そうそういるものではない。
 大切なのは、自分に負けたとき、
 『もっと強くならなければ』と願うことだ」
(三浦知良)

サッカー界のキングと言われ、
ぼくが大好きなカズ選手。

そんなサッカー界のスーパースターも、
W杯には一度も出場していません。

それなのに、いまだ情熱をもって
現役選手を続けていられるのは、

「もっと強くなりたい、
 もっとうまくなりたい!」

と願う純粋な心と、
それに伴う努力があったからかも知れません。

私たちが、あることを始めた時に抱く初心、
それを変わることなく長く持ち続けるのは、
とても大変なことです。

私たち講師の仕事も、
“先生”商売などとも言われていることから、

知らず知らずのうちに傲慢になり、

下手をすれば…、

頑張った結果、手に入れたものですら、
当たり前のように感じてしまうことが
あるようです。

心身ともにハードな講師の仕事を
長く続けるためにもっとも必要だと思うことは、

そう、

“いかに自分を律し続けられるか”

がポイントなのです。

「もっと喜ばれる研修をしたい、
 もっと効果の上がる研修をしたい!」

そして、

「仕事を超えて、
 生活の質の向上に繋がるような研修をしたい!」

という純粋な心と
それに伴う努力をし続けている人が、

金額などだけで判断されることのない、
お声のかかる講師、指名される講師であり、

リピート率も高い講師になっているのだと
確信しています。

したがって、

そういった講師は、
何年も全く同じネタやプログラムを
やり続けることはありません。

たとえ、

プログラムの字面が同じであっても、
全く同じネタや内容を
やり続けることもありません。

当然のことながら、
そのために必要な情報も
インプットし続けることになります。

しかし、だからと言って、
すぐに結果が出るかどうかは分かりません。

大切なことは…、

カズ選手のように、

結果が出ない時、苦しい時でも、

いかに自分と自分の未来を信じて
前進し続けられるかだと思っています。

結果が出ないからやめてしまうというのであれば、
初めから、やめることを始めているようなもの。

ぼくは、そう思います。。。

良い週末をお迎えください。

では!

関連記事

  1. 始まりは、いつもこれから… 

  2. ブーイングの社内イベントの効果は?

  3. 画像診断420点って何?

  4. 分かっていても共感してしまう話の進め方… 

  5. 馬上で読書? 

  6. 感動! 最後のお弁当…

  7. 誰とビジネスするか?

  8. 不要不急の判断軸は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。