努力は、何のためにするのか?

こんにちは。
五十嵐です。

昨日、

高校野球の交流試合が
終わりました。

元高校球児のぼくは、

たとえ1試合でも、
憧れの舞台、
甲子園でプレー出来て良かったな
という気持ちがある一方、

コロナさえなければ、
もっと思いっきり甲子園を
味わえただろうに…

そんな気持ちが入り混じった
複雑な心境にいます…。

「3年間、よく頑張ったね!お疲れ様!」

「努力は、きっと役に立つ時がくるから、
 顎上げて、胸張って、前にいこう!!」

そんな言葉を
かけてあげたいなと思っています。

さて、

こんな昭和の青春ドラマ
っぽくなっている(笑)

今日のぼくがお伝えしたいことは…、

ぼくの本のp115の項目でも
お伝えいている、

稼げる講師は、

商品としての自分を磨き上げる

ってことです。

先の高校球児に限らず、

私たちの人生には、
真面目に努力を積み重ねても
なかなか結果に結びつかないことがあります。

それどころか、

今回の球児たちのように、
土俵にすら立てず、
自分の無力さを感じることさえあります。

でも、

このメルマガを
読み続けて下さっているあなたには、

深い部分で分かってもらえる
話だと思うのですが、

「私たちがする努力は、
結果を出すためだけに行うものではない」
(五十嵐康雄)

ということです。

努力の結果が報われることは
もちろん嬉しいことですが、

仮に、結果が出なくても、
そのプロセスで得ているものが、
必ず何かある。

そういうものです。

粘り強くいきましょう!
自分を磨いていきましょう!

今日はこの辺で。

では!

関連記事

  1. 手書き1枚のハガキ 

  2. トリキの錬金術 

  3. 落ち着きを取り戻すには、人の心! 

  4. 儲からないことで忙しい… 

  5. 行動スピードがもたらすものは? 

  6. オンラインで●●研修

  7. ゆとりありますか? 必要ですか? 

  8. 深さ×広さで勝負する! 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。