予約が取れないサロンのヒケツ

こんにちは。
五十嵐です。

このメールは、

あなたの仕事が
笑顔と感謝をもたらすことを願って、
お届けしています。

不定期配信になってから
初のメールになります。

さて、本題です。

先日、

なかなか予約が取れない
地元の人気ヘアーサロンで、

髪の毛をカット
してもらった時のこと。

ワクワクしながら、
サロンに着いて、

案内された席に座った
次の瞬間、

「どの位、切りますか?」

という第一声。

私のワクワク感は、
一気に萎みました…。(笑)

その後、

私の頭の中は、
このお店の人気の秘密は何なのか?

その1点に、
興味が絞られました。

仕上げが終わって、
会計を済ませ、

サービスを受けた
全体の印象から、

私なりに、
このサロンの人気の秘密を
考えた結果、

なかなか予約が取れない
人気のヒケツは…、

「コスパ良く感じられる」

ってことでした。

なぜなら…、

価格設定が、
他店より少し安め。

その割に、
店内の雰囲気は、
小洒落ている。

決して、

高い技術力や接客を売りに
している訳じゃなさそうに感じたから…。

ちなみに、
店内の席数は3席。

スタイリストは、
店長を含めて、
2~3名のシフト勤務。

店長は常連客に人気で、
リピートで予約の殆どが
埋まってしまうようなので、

それ以外のお客さんは、
殆ど全て店長以外のスタイリストが
担当することになる。

結果、

なかなか予約が取れない…。

そんな感じです。(笑)

さて、

そんな今日の私は、
一体、何をお伝えしたいのかというと…、

私の本、
『稼げる講師、稼げない講師どこが違うか』

p68の項目でもお伝えしていますが、

稼げる講師は、

価値を認めてくれるお客様と付き合う

ってことです。

今回、

私がお世話になったサロンは、
お客さんのニーズをくみ取りつつも、

お店のスタイル、
お店のスタンスを認めてくれる人たちを
お客さんにしていると言えます。

実は、

もうお気づきだと思いますが、
講師の仕事も同じ。

お客さんのニーズをくみ取りつつも、
自分に合うお客さんの仕事を受ける。

合わないお客さんの仕事は、
原則、受けない。

気に入ってくれるお客さんは、
大切にして、
より気に入ってもらう。

そして、

お客さんの結果に繋げ、
指名で仕事を埋める。

結局、

なんだかんだ言ったって、

講師の仕事は、
どれだけ指名で仕事が出来るかが、
安定して稼ぎ続けられることに
繋がるものですから。

それにしても、

自分に合う床屋、ヘアーサロン、
スタイリストを見つけるのって、
難しくありませんか?

ぼくだけなのかな~?(笑)

じゃあ、
今日は、この辺で。

応援してます。
お互い頑張りましょう!

では!

関連記事

  1. スキマ時間に宅配… 

  2. 外出自粛要請に従った週末… 

  3. 稼げる講師とミスコンファイナリスト 

  4. ウィズコロナは、こだわりの時代… 

  5. アーティストをプロデュースするように…

  6. ウィズコロナ時代の…

  7. なぜ学ぶことが大切なのか?

  8. 失敗はない、あるのは●●だけである…